私たちは車を運転することがあります。
この運転をする際には運転免許証が必要です。
これさえあれば日本国内であればどこでも車を運転することが可能です。

車は主に一般道か有料道路を通ります。
一般道とは無料で通れる道路のことで、ほとんどの道路はこれにあたります。
有料道路とはお金を支払って通る道路のことです。
一般的には近道をすること、信号が存在しないことからより早く目的地に着けることなどが利用する理由です。
この有料道路の中には高速道路があります。
これは日本のあちこちを結んでおり、人の移動や物の配送などの際に使われています。
これは一般道と同じように車が走るので、一般道と同じルールが適用されますが、若干異なる点があります。
それはこの道路に一般道にはない特性があるからです。

走行する時は料金所の入り口を通過し、本車線に合流します。
この際は一気に加速して合流することが必要です。
合流したら走行車線を走ることが決められています。
追い越し車線を走る時は前の車を追い越す時のみ使用が可能です。
ここで注意しなければならないのは追い越し車線が空いているからといってそこを走行し続けないことです。
追い越し車線を走行し続けると違反になります。
目的の場所が近づいたら減速しながら車線を降り、出口の料金所に行きます。
これが一般的なルールです。